PeaPodが提案する

震災や原発事故の影響で2011年は節電の夏となり、あらためて電気やエネルギーの大切さを考え直した私達。電気だけでなく、生活の中の色々を見直した方も多かったのではないでしょうか?
PeaPodスタッフも子育てをきっかけに、体のケアや生活の仕方、1つ1つの物選びに至るまで普段から大切にするように心がけてきました。
特に、「普段から衣類でできる備え」の1つ「防寒・冷え対策」は、ずっと取り組んできた重要なテーマで、「女性の皆さんに自分を労わって欲しい。」と、製品を通して伝え続けているメッセージです。
今年の冬、あなたもぜひ、衣類、特に肌に直接身に着けるインナーウエアで、あなたの体を守っていくことを実践してみませんか?



・電力はなるべく使わないで、温かくする工夫がしたい!
2011年3月被災地東北や計画停電のあった関東では、電気に頼らない防寒が必要でした。 普段の生活では電力に大きく頼っている防寒。でも、それは電気が当たり前にある前提の話。 アウトドアでは、自力での防寒が必須なように、普段の生活の中で寒さに耐えられる対策をしておくことは、体の大きな助けになります。
備えと言っても、防災グッズのように緊急時だけの使用ではなく、「いかに緊急時と普段とのギャップをなくしておくか?」が自分と家族を守るための安心になると考えます。
温かい着こなしを普段からしておくことで、余計なエネルギーを使わず、体が本来持っている温度差に対する適応力も取り戻せたり、生活事態に自信を持って過ごせるのではないでしょうか。

・子どもにも、衣育として季節毎の着回しを覚えさせたい。
生まれた時は、もっているはずの適応能力や免疫力。でも、快適すぎる温度や、生活の仕方次第でその力は弱まっていってしまいます。 どんどん成長していく子ども達には、ぜひ自分の体を寒さなどの天候から守れる、知恵や力を身に着けさせたいですね。それは子ども達の生きる力そのものです。 まずは、大人達が術を知る事。適当なタイミングで声掛けし、実戦で覚えていくのが一番。 衣服での温度調節や、どんな時に何を着るのか?せひ、子ども達と一緒に、生活の中で取り組んでいってくださいね。

・冷えを改善して体調不良を治したい。
最近、特にクローズアップされている「女性の冷え」。婦人科系疾患や月経にまつわる症状、また出産にまつわるトラブルまで、様々な不調の原因のほとんどに冷えが関係すると言われています。 逆に言えば、1つ1つの病気や症状へ対応していくよりも、体全体の冷えを改善をしていくことは効率的に、元気な毎日を手に入れる方法かもしれません。
実際に、スタッフを始め、そんな経験をしている女性は本当に多いのです。 何も難しいことはしなくても、生活の中のちょっとしたひと工夫や、アレンジで出来るのが冷え対策。あなたも少しずつでも、未来の自分や子ども達の元気なママでいるためにやってみてください。

・とにかく寒さが苦手、でも暖房も良くない。どんな着方をしたらいいの?
良く寒さが苦手、冷え性、という方のお話を聞くと、食事など気を付けていても、着方でもったいないことをしている方がいます。 肌は全身が感覚器官なので、それを覆う肌着(インナーウエア)の力を利用すると大きな差ができます。 特に、「素材」や、「締め付け過ぎないものを選ぶ」など、体本来の機能を妨げない衣類を選ぶことをおススメします。

・天候や場所によって、どんな対策をすればいいの?

一口にウエアリング(着方)と言っても、風の強い日、雨の日、一日外にいる時、室内で過ごす時などシーンや天候によって対策も変わってきます。 風の日のテーマは防風、雨の日は足元の冷えや濡れ、外にいる時には動きやすさや、熱効率の良さなどポイントを押さえて着まわしていくことで、体の冷えや寒さは随分防げます。

・防災にもつながる衣の備え「冬の防災は、防寒が重要」
冬こそ、節電が深刻になってくると言われています。
また、風邪を引きやすい、体調を崩しやすかったりする方には寒さは辛いですし、暖房なしの生活は過酷に感じることと思います。 だからこそ、普段から衣類で備えていくことで、徐々に体を丈夫にしていったり、寒さへの抵抗力をつけていきたいものです。 防災時など、緊急時に、体の不調から気力が奪われていくことはとても辛いものです。 どんな時でも、なるべく体力を保持して、元気な心を保っていられるように、PeaPodは「普段からの衣の備え」をもっと広げていきたいと考えます。

「寒さ・冷えへの備え」実践編や具体策などは、PeaPodオフィシャルブログやメルマガ「はだおもい通信」でご覧いただけます。

→メルマガ登録はこちらからどうぞ


いつでもあなたらしく生きていけるように まずはあなたの心と体を守ろう


忙しい毎日と、便利な生活の中では、つい自分のケアを後回しにしがちです。
でも、生命としての基本である生活の中でできる「体を守ること」はどんな時でもあなたの心を根底で守る事にもつながると考えます。
PeaPodの製品は1つ1つ全てに、衣類に出来る一番大切なテーマ「体と肌を守り、女性達に安心をお届けすること。」を大切にしています。


■毎日気軽に着られるから、続けられる

セルフケアでする体調管理も、冷え対策も、続けていくことが大切。 だから、毎日着られることと、お家でお洗濯できることがPeaPod製品に共通する条件です。

■素材の力を最大限に利用する

天然素材の持つ力は素晴らしいものです。本来繭として命を守るための力が備わったシルクは、生きて呼吸しエネルギーを通しやすいだけでなく、その保温効果も、肌なじみの良さも、人の肌には最適と言われています。 一年を通して、冬は暖かく、夏はサラッと涼しく、優しい肌触りで心まで癒し包んでくれます。 また、PeaPod製品にはニットシルクという、お家でお洗濯ができるなど比較的扱いやすいものを選んでいます。 布ナプキンや母乳パッドに使われるコットンも、無漂白の生地の風合いや柔らかさをそのまま残した製品になっています。

■締め付けない、冷やさない衣生活を大切に

せっかくの良い素材でも、体を締め付けるデザインや、逆にゆったりすぎて熱効率の良くないと効果も半減してしまいます。 また締め付けは血行やリンパの流れを妨げるなど、女性の冷えの原因ともなりますので ゴムを使わない、適度なフィット感を持たせるなど、体の機能を邪魔しないデザインになっています。

■衣生活全体をトータルで考える

着ることで最も重要なインナーウエア作りだけでなく、女性が一生の中で経験する月経時・出産・子育てから、足元の冷え対策など、スタッフが実際に着て、使ってみて、効果や使い勝手などおススメしたいものだけを厳選して扱っています。 ですので、使い方や冷え対策などのご相談やレクチャーもいつでもお気軽にどうぞ♪

PeaPod製品の特長

・シルクインナーシリーズ 

シルクの素材力を生かし、誰でも着られるデザインと機能性も持つインナー。ゴムなしのカップ付インナーや、ショーツ、マタニティなど各種。

・月経ケア商品

冷えに効果的で肌にも優しい布ナプキンと、布ナプライフにプラスしたいアイテムなど。

・授乳・出産製品 

シンプルで毎日着られる授乳ウエアや、使い捨てない折りたたみ布母乳パッド、赤ちゃんも使えるウォーマーなど。

・冷え&足元グッズ 

使い勝手・デザインなどスタッフ厳選の靴下やウォーマー類を季節に合わせて取り揃えています。

◆肌着に最適と言われる天然素材シルク

昔から衣素材として重宝されてきたシルク最大の特徴は、「動物性繊維である」ということです。 人の肌にもっとも近いタンパク質組成を持ちどんな繊維より肌になじみやすく、しっとりなめらかな肌ざわりは、一度身に着けると手放せなくなるほど。 特に、ストロー状の糸の中に空気をため込み、体表面温度を一定に保ってくれる効果は、冷えを防ぎ、汗をかいても快適なので、シルクが一年中肌着として最適と言われる由縁です。他にも、湿度調節効果でベタベタや乾燥から肌を守り、肌を清潔に保つ力もあると言われています。 繭の命を守るため備わった「生きて呼吸する糸」であるシルクは、いつでもどんな環境でもあなたの肌と体を守り、心まで包んでくれるでしょう。

※ここに書かれている内容は、PeaPodスタッフの経験や多くの出会いから学んだことを参考にしています。



はじめてのお客様へ







直接製品をチェックしたい方は…
月曜〜金曜 10:00〜17:00
ショールーム、店舗、お店@下高井戸
試着・布ナプミニ講座・冷え取り相談・子育て・お産の井戸端話まで…スタッフに直接どうぞ♪
レンタルスペースの利用法や、講座・ワークショップ開催情報は下のスケジュールカレンダーをご確認ください↓↓↓




育児中スタッフが書く育児のあれこれ、冷え取り、布ナプなど実体験による自然派生活の情報が満載!
メルマガ「はだおもい通信」
RSS widget


RSS