【スカートに・学生服に】はらまきパンツ(シルクコットン・ウエストゴム無し&チクチクしない)

SC-HP

7,590円(税690円)

定価 7,590円(税690円)

在庫状況  19枚

カラー
購入数

〜はらまきパンツの特徴〜



お腹の冷えに薄手で一年中活躍するはらまきパンツ。
肌面シルクでチクチクせず、履き心地抜群。
ウエストにゴムが無いから、締め付けず24時間履ける。
温活・マタニティ用・学校やオフィスでの冷え対策にもおススメです。




シルクはらまきパンツ

(モデルサイズ:身長165cm ヒップ85cm)





シルクとコットンの2重でとても温かいのに、履くと薄手ですっきり♪

■素材絹28% 綿66% ナイロン・ポリウレタン6%  日本製
※足口・ウェストにゴムは使用していません。☆肌に当たる内側はシルク、外側にコットンが出るように編まれた二重織り生地です。
■サイズフリーサイズ ヒップ〜105cm 総丈43cm 股下10cm
(※伸縮性があるため、あくまでも目安です)
■洗濯手洗い推奨 洗濯機の場合は弱水流・ネット使用 乾燥機使用不可 漂白剤使用不可


<<Pea Podはらまきレギンスの魅力をおさらい>>

その1、はぎ目がない

ピーポッド レギンス

ホールガーメントの製品は、出来上がりそのまんまの形で機械から編み上がってきます。
つまり、無縫製。はぎ目(縫い合わせ)がどこにもありません。それが一体、どう良いの?と言うと・・・

例えば、タイツなどを脱いだら、お腹やお尻にはぎ目の痕がついている。
はぎ目のきわから生地が薄くタルタルになってくる。そんな経験はありませんか?

ぽっこりと厚みがあって気になる「縫いしろ」や「はぎ目」は、一日身につけていると、痕が付くほどに肌を圧迫しているのですね。
そんな「はぎ目問題」が無いのがホールガーメント。
もちろん、一部分だけ生地が薄くなったり、縫い合わせからほころびが出来る心配もありません。

その2、ウエストのゴムがない

ピーポッド レギンス

ウェストは柔らかい伸び感のリブ仕上げ。
ゴムテープのしめつけ感が無いのはもちろん、一日履いていても、ちゃんとハイウェストに留まってくれるのは、からだの凹凸に沿うよう立体的にデザインされたパターンだから。

しめつけないのにずり落ちない、驚くほど優しいフィット感です。

また、パンツやスカートなどと重ね着して実感するのは、ウェストがごろごろしないということ。
なぜなら、レギンスはハイウェストにぴったり収まっていて、上に履くズボンやスカートのベルト位置とは重ならないから。お腹周りはすっきり、重ね着してもちっとも苦しくないですよ。

ピーポッド レギンス

ハイウェストならではの腰回りの温かさと安心感で、腹巻が要らなくなった、というお声も多いです。

その3、内側シルク、外側ウールorコットンの2重編み構造

肌に触れる面はシルク100%だから、蒸れない、だから冷えない!
立体的な糸のループが作る空気の層で、ふんわり包まれるような温かさです。

なめらかな肌ざわりと肌が深呼吸するような着心地は、シルクの優れた保温性と放湿性によるもの。
一日中、しっとりさらさらのお肌に保ちます。

そして表側には、扱いやすくて丈夫なコットンや、更なる温かさを実現するウールを使った2重編み構造。絡み合うループが空気の層を作り、通気性を保ちながら温かさを生み出します。

【よくあるご質問】
「肌面シルクといいながら、割合が少ないように見えますが・・」
→はい、%で表すと確かに割合が少ないですね。
これは、シルクという素材の軽さによるものです。組成表示では、それぞれの素材が占める重量の割合で表します。
裏側と表側、同じ長さの糸で編み上げても、とっても軽いシルクの糸は目方に乗らないのですね。
%で表すと少ないものの、肌に当たる内側の糸のループはすべてシルクです。

その4、糸量たっぷり!長さも幅も、ゆとりのある造り

肌面のシルクも、表側のコットンやウールも、たっぷりの糸量でゆったりと編み上げています。
だから伸縮性バツグン!(※伸び感のヒミツは下記のコラムでにて詳しく)


企画者YONE、本気のコラム ‖腓く編むから良く伸びる、伸縮性のヒミツを徹底解説!



出来上がりの形・そのまんまで編み上がるホールガーメント製法
はぎ目なく立体的に編み上がるその様は、まるで棒針でくるくると回しながら編む、手編みの5本指手袋のよう。股上から2本の脚がきれいに繋がったまま、ゆっくりゆっくり機械から編み出されてきます。

そりゃあ時間かかりますよね。。
なんと、一日に8本しか(!!)編めません。

しかしながら、最も驚くのはそのサイズ。
例えばレギンスなら、2m近い長さがあるでしょうか。両手で高く持ち上げて、ようやく床につかないくらい・・

ピーポッド レギンス
(↑持ち上げているのは男性です)

それからスチームと熱を加え、出来上がりサイズ縮ませて仕上げます。
縮ませるというと、まるで洗濯を失敗して縮んでしまったセーターをイメージしますが、そうではなくて。。蒸気によって糸のループをふんわり立たせる、という感じです。

ここで重要なのは、組成の中に含まれている6%の化繊の糸です。
「なーんだ、化繊が入ってるのね・・」と思われた方もいらっしゃるのでは。

「特殊弾性糸」というこの化繊の糸は、編地の中に等間隔に編み込まれています。
が、そもそもかなり細い糸ですので、シルクやウールに埋まってしまい、肌には殆ど触れません。
そしてこの糸、熱を加えることによって縮むのです。

そうすると・・・
シルクやコットンの糸が引き寄せられ、そのループの間隔がぐっと詰まった状態に。
つまり、編み上がり時の平たい編み地が立体的になることで厚みが出て、平置きサイズが一回り小さくなるのですね。
それでいて、引っ張れば大きく編んでいた本来のサイズまで伸びる、という訳です。



それがPea Podのはらまきレギンスの心地よい伸縮性のヒミツ!これは、シルクとコットンやウール100%にしてしまうと出せません。
つい天然繊維以外は悪者のように思ってしまいがちですが、こんなに大切な役割を担っていのですね。



背の高い方やマタニティの方でもラクラクの伸び感がありながら、小柄な方でもだぶつかない、
様々な体格の方に、不思議なほどマッチする着心地です。



「それぞれに、それなりに、フィットする。」

どんな方が履いても、苦しくないのにずり落ちない、はらまき部分も一日中ちゃんとハイウェストに留まってくれる、スカートやズボンのウェストもすっきり。

この感じ、一度着用されると「ああ、これか!」と体感していただけると思うのですが、これ以上文字で上手く説明が出来ません。

腹巻きやレッグウォーマーを付けていても冷える・・・
そんな方に、下半身をまるっと温めるこの履き心地をまずはとにかく試していただきたい!と切に願う私です。



企画者YONE、本気のコラム◆磧禳埜紊泙任△らめない>>



良いことづくめのホールガーメントですが、難点もあります。
それは、「イメージした形に仕上げるための型紙作成の難しさ」。
なんせ約2倍の大きさに作って、スチームをかけて成型するわけですから、それを勘定に入れて編みデータ(型紙)を作成しなければならない。
「股上の長さをあと2センチ短くしたい」とか、「幅をもう少し出して」とか、そう簡単にはいきません。

そんな細かなサイズ調整のための編みデータ作成は・・工場担当者の勘どころが全てです。
そして、機械メーカーの既成データにないものを作るには、経験に基づいたこの「勘どころ」と、担当者さんの熱意無くしては出来ません。
なんせ、その度に一通りのプロセスを経ないと検証も出来ないわけですから。。

Pea Podでは、一つの商品のためにいつもたくさんの試作を重ねています。
一見すると解らないような違いも、長く着用していくと着用感に差が出ます。

たとえば、お腹周りの伸び感の柔らかさ。足首のリブの長さ。
膝下の程よいフィット感。

すべては長く愛される履き心地のために。。

商品を提供していく上で、いつも自らに課すことがあります。
それは、一度購入された方が「もう一枚欲しい」、「あの人にプレゼントしたい」と思って下さるかどうか。その時に初めて商品としての真価を認めて下さっていると思うのです。

リピートご注文をいただくときは、最後まであきらめなくて良かった!と思う、私たちメーカーにとって一番うれしい瞬間です。

そんなあきらめの悪い(笑)企画者の意地と、辛抱強い工場担当者の努力のたまものが、Pea Podのレギンス。どうぞぜひ一度、お試しください。